印刷

ESD研究発表会が行われました

ESD研究発表会

本校は、平成29年と30年、東京都教育委員会から「持続可能な社会づくりに向けた教育推進校」の指定を受けていますが、平成29年12月18日(月)、初年度の発表会が本校で開催されました。
ESDとは「持続可能な開発のための教育(Education for  Sustainable Development)」であり、「持続可能な社会を構築する担い手を育む教育」のことですが、これを受けて本校として、「公正で平和な社会を構築するリーダーを育むために」を研究テーマとして、研究に取り組んでいます。
 
当日は、特色ある学校設定科目「文化科学2」の授業が公開され、4学年の4クラスにおいて、法律専門家を招いた特別授業「模擬裁判員体験」を行いました。1班5~6名の生徒で判断が難しい事案について対等な立場で論議し、多数決で評決し、弁護士の先生方4名がアドバイスする形で関わってくださいました。
授業後の研究協議では、「高校1年に当たる4年生では、言いたいことがあってもなかなか活発に論議ができないものだが、本校の生徒は同じ学年で既に4年間を過ごしているため人間関係ができており、本音の意見が出て論議が活発だった」などご意見をいただき、「中高一貫教育校のならではの強み」を生かすことができたと感じています。
これ以外にも、3つの取組が現在進行中、または実施予定ですが、次の通りです
○「自然科学1」で扱っている、算額や統計の基本。(データの分析・活用)
○書評合戦(ビブリオバトル)、ステージ論文の作成・発表。
○玉川上水駅から井之頭公園まで歩いくことでチャリティー活動に参加する、スポンサ
ード・ウォーク。
これらの活動を通じて、次年度に向けて、さらに研究を積み重ねていきます。

   
    弁護士の先生方にアドバイスを        4つの取組の1つである、文化科学2
    いただきながら、討議を実施         の主権者教育について説明
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目21番21号
電話 : 0422-46-4181 ファクシミリ : 0422-49-8429